ED治療薬

白いたくさんの薬

日頃のストレスや、不規則な生活が原因となって引き起こるED(勃起不全)は、様々な治療薬によって解消されています。
ED治療薬として、一般的に知られているのが、バイアグラとなります。
多くの方がこのバイアグラを使用しているものとなりますが、バイアグラの他にも「レビトラ」や「シアリス」などのED治療薬も使用されるものとなっています。

■レビトラ
レビトラは、バイアグラと同じくED解消の医薬品となります。
日本では2004年頃から使用されるようになり、今でも多くのED患者が使用している医薬品となっています。
レビトラはドイツで初めて発売されたものとなり、「バイアグラの様々な欠点が改善された薬」として話題をよんだ医薬品となります。
レビトラの勃起持続時間は平均して約5時間~10時間となっています。

■シアリス
シアリスは、最新のED治療薬となります。
これまでのED治療薬であれば、服用の際は食事や飲酒などの制限が厳しかったのですが、シアリスの場合はそこまで制限はなく、飲酒などの影響も比較的低いものとなっています。
また、シアリスはバイアグラやレビトラに比べて勃起時間が長いことでも有名となっています。
勃起持続時間は、最大で36時間程と言われています。

効果

茶色い大粒錠剤

EDの特効薬として使用されるバイアグラには、様々な効果・効能があります。
バイアグラは必ずしもEDの方だけが服用する薬ではなく、一般的な方でも服用できる医薬品となっています。
EDの症状まではいかないが、性行為を満足に行いたいという方がいれば、バイアグラを服用して、満足な性行為を行えることができます。

一般の方で、バイアグラを服用することによって性欲が増すと勘違いして服用される方が多いですが、バイアグラはあくまで勃起促進のための医薬品となるので、精力増強や性欲快感を高める薬ではないことを把握しておく必要があります。

また、バイアグラは男性の方に服用されるものとなっていますが、女性の方でも服用が可能なものとなっています。
女性の方がバイアグラを服用すると、血液循環が良くなり、神経が敏感になってきます。神経が敏感になってくると、女性器の感度が上がります。
女性器の感度が上がることによって、満足のいく性行為を行うことができます。
バイアグラの力によって、女性器(クリトリス等)が敏感になり、感度は上がりますが、血液の流れが良くなりすぎてしまい痛みを生じてしまう場合があります。
痛みが生じるケースは少ないものと、なっていますが、痛みが生じた場合はバイアグラの服用を止める必要があります。

成分

ED用錠剤

多くのED患者の悩みを解消しているバイアグラは、「シルデナフィル」という成分が含まれている医薬品となります。
この「シルデナフィル」という有効成分がどのくらい含まれているかで、呼び名が変わっていきます。
シルデナフィルが25mg含まれている場合、「バイアグラ25mg」と呼び、シルデナフィルが50mg含まれている場合は「バイアグラ50mg」と呼びます。

このシルデナフィルという有効成分は、勃起不全の改善の他に、肺動脈性肺高血圧症の治療にも効果があるものとなっています。
肺動脈性肺高血圧症とは、国が難病指定した病気となります。
シルデナフィルは、その難病指定の病気にも改善効果があるものとして、医薬品の中でも注目されている有効成分となります。

アメリカで話題

瓶からこぼれる薬

男性機能の低下、性生活が不満足な方、勃起が持続しない、などのED症状に悩む男性の特効薬として発明されたのが、このバイアグラとなります。
バイアグラとは、1998年1月にアメリカで販売されたED治療薬となります。
アメリカで発売された当初、ED患者からは「夢の薬」と言われるほど、薬の力は強いものとなっています。

アメリカで話題になったこのバイアグラは、1999年9月に日本でも発売されるようになります。
アメリカでの発売からわずか1年半足らずという異例のスピードで日本に販売され、多くのED患者に使用されるものとなります。

バイアグラは、非常に強い力をもつ医薬品となるので、使用上の注意はきちんと守って、服用するようにします。